ホーム>会社案内

会社案内

当社は、御得意様ならびに仕入取引各位様の御愛顧により順調な事業発展をいたし、現在に至っております。

なお、従来の御得意様はもとより新規の御得意様も日増しに御購入の御用命を賜わり、営業の充実と設備の改善などに円滑万全を期して鋭意専心しておりますので、今後とも御用命を賜わりますよう御願い申し上げます。

代表取締役 松山 浩一

宇宙産業から車イスまで

会社概要

名称 株式会社 日立機械
所在地
会社案内
本社
〒316-0003 茨城県日立市多賀町3-15-10 (アクセス
電話 0294-33-0594(代) / FAX 0294-35-2443
会社案内
ひたちなか営業所
〒312-0053 茨城県ひたちなか市東石川字後原3153-1 (アクセス
電話 029-272-3839(代) / FAX 029-272-9495
設立 1979年(昭和54年)4月
資本金 2,000万円
代表者 取締役社長 松山浩一
従業員 25名
営業内容 NC工作機械(マシニングセンター・NC旋盤・NC五面加工機)・鍛圧・板金機械(サーボプレス・プレスブレーキ・レーザー加工機・タレットパンチプレス)・精密加工機・専用機・その他一般工作機械・中古機械の販売、環境関連装置の販売
土地面積
建物面積
  本社 ひたちなか営業所
土地 750m2 2425m2
建物 605m2 176m2
倉庫 1160m2
関連会社 松山三郎商会(中古機械取扱い専門商社)

沿革

昭和28年(1953年)3月 茨城県日立市弁天町(旧・仲助川町)に松山三郎商会を設立
昭和36年(1961年)6月 茨城県日立市多賀町3丁目15番10号(旧・大久保町1203)に各種高級工作機械ならびに日立電動工具販売の営業所を設立
昭和41年(1966年)6月 事業拡大発展を期して勝田営業所を勝田市田彦後原989の6(国道6号沿)に設立
昭和48年(1973年)6月 国道拡張のため勝田営業所は勝田市東石川字後原3153の1に移転(用地2500m2)・勝田営業所および倉庫新築
昭和54年(1979年)4月 松山三郎商会より法人組織にて「株式会社 日立機械」を機械総合商社として資本金500万円にて分離独立する
昭和57年(1982年)11月 本社社屋新築
昭和62年(1987年)10月 資本金を1,000万円に増資する
平成2年(1990年)9月 勝田営業所新築
平成3年(1991年)7月 資本金を2,000万円に増資する
平成5年(1993年)5月 日立市滑川町(国道6号線沿)に用地1,600m2取得
平成18年(2006年)11月 KES環境マネジメントシステム スタンダードステップ2 認証取得
平成19年(2007年)5月 ひたちなか営業所事務所増築
平成24年(2012年)3月 本社拡張
平成25年(2013年)2月 本社社屋60m2、本社用地90m2追加取得

主な納入実績

平成4年(1992年) 日立グループ 大型ターニングセンター納入 (写真
平成6年(1994年) 原子力向け X線スキャナ装置納入
平成7年(1995年) 日立グループ 大型ブレード加工機納入 (写真
日立グループ レーザー複合加工機(1号機)納入
平成8年(1996年) 日立グループ エスカレーターライン納入
平成9年(1997年) 日立製作所カナダ工場 全米向け電力保守メンテナンスライン納入
平成11年(1999年) 日立産業支援センター内 加工設備納入
日立グループ 自動倉庫及び部品機械加工工場スペースシャトルライン納入 (写真
平成16年(2004年) 日立グループ アキシャル溝加工機納入 (写真
平成18年(2006年) 日立グループ 大型ターンミラー納入 (写真
平成23年(2011年) 東日本大震災 発生
日立グループ マシニングセンター納入
平成24年(2012年) 名古屋市陽子線がん治療施設 陽子線がん治療機納入
日立グループ 5面加工門型マシニングセンター納入
平成25年(2013年) 日立グループ ターニングセンター納入

環境への取り組みについて

KES・環境マネジメントシステム・スタンダード

株式会社日立機械は特定非営利活動法人KES環境機構が運営する、KES・環境マネジメントシステム・スタンダード・ステップ2を、2006年に取得しました。

KESは「環境マネジメントシステム」の規格です。 また、ステップ2とは、環境保全を進めるため、システムを項目別に作り実行します。

基本理念

株式会社日立機械は、地球環境の保全が人類共通の最重要課題の一つであることを認識し、全組織を挙げて環境負荷の低減に努力します。

方針

株式会社日立機械は、工作機械等の販売に係わる全ての活動、製品及びサービスの環境影響を低減するために、次の方針に基づき環境マネジメント活動を推進して地球環境との調和を目指します。

  • 当社の活動、製品及びサービスに係わる環境影響を常に意識し、環境汚染の予防を推進するとともに、環境マネジメント活動の継続的改善を図ります。
  • 当社の活動、製品及びサービスに係わる環境関連の法的及びその他の要求事項を順守します。
  • 当社の活動、製品及びサービスに係わる環境影響のうち、以下の項目を環境管理重点テーマとして取り組みます。
    (1)電力使用量の削減
    (2)CO2排出量の削減
    (3)コピー用紙購入量の削減
    (4)事務用品のグリーン調達
    (5)会社周辺の清掃等 啓発活動
  • 一人ひとりが、環境負荷低減活動を積極的に実践出来る様に、この環境宣言を全従業員に周知するとともに、一般の人々が入手できるようにします。

上記の方針達成の為に、目標を設定し、定期的に見直し環境マネジメントシステムを推進します。

株式会社日立機械 代表取締役 松山 浩一

お客様から当社の取り組みに対して感謝状をいただきました

平成23年3月に発生した東日本大震災により被災された、お客様の工場設備への迅速な復旧対応を評価いただき、感謝状を頂戴いたしました。今後もお客様の立場に立った、より良いサービスを目指し努力してまいります。