ホーム>環境関連事業>放射能汚染土壌洗浄装置「アースセーバー®」

放射能汚染土壌洗浄装置 「アースセーバー®」

東日本大震災後、2011年5月より放射能汚染土壌の除染装置開発に着手。その後、2011年10月に実証実験装置を完成させることができました。

東日本大震災後、2011年5月より放射能汚染土壌の除染装置開発に着手。その後、2011年10月に実証実験装置を完成させることができました。

東日本大震災後、2011年5月より放射能汚染土壌の除染装置開発に着手。その後、2011年10月に実証実験装置を完成させることができました。

本機は1時間に2~3トンの汚染土壌を75~95%除染・洗浄でき、約10分できれいになった土壌を自動排出します。

このアースセーバーの特徴としては、汚染土壌の洗浄に薬品や洗剤を使用しないことです。
水だけで洗浄しているので二次汚染の心配もありません。しかも洗浄後の放射性物質を含んだ汚水も装置の中で浄化し、放射性物質は100%抜出し浄化された水は洗浄水として再利用します。

このアースセーバー装置一式は10トントラックに積載でき、除染の必要な現場まで移動でき、その場できれいになった土を埋め戻す事が出来ます。抜き出した放射性物質は、凝集フロックという塊になりフレコンバッグに収納され、その後指定保管場所に移動します。

本機を使用して少しでも早く、放射能で避難されている方々の帰宅が叶うよう、社員一同心から願っております。

※「アースセーバー」「EARTH SAVER」は登録商標出願中です。商願 2021-101224
※ 特許取得済 特許第5270048号

アースセーバー®による主な処理フロー

実験機によるフィールドテスト

主な実験結果
平成25年7月2日 福島県郡山市 うねめ保育園園庭 セシウム除去率 92%(3,393㏃/㎏ → 273㏃/㎏)
土壌の戻し率 80%
平成25年7月23日 福島県相馬郡飯舘村 村営グランド セシウム除去率 85.4%(49,942㏃/㎏ → 7,301㏃/㎏)
土壌の戻し率 68%
平成25年8月27日 福島県南相馬市小高区 果樹園 セシウム除去率 65.5%(13,178㏃/㎏ → 4,545㏃/㎏)
土壌の戻し率 64%

お問い合わせ

ひたちなか営業所
〒312-0053 茨城県ひたちなか市東石川字後原3153-1
電話 029-272-3839(代) / FAX 029-272-9495
受付時間 土・日・祝日を除く9:00~12:00、および13:00~17:00
E-mail k.kobayashi@hitachikikai.com(担当:小林)